敏感肌ってどんな感じ?原因はどうなの?

女性の約70%が悩んでいるのが敏感肌ですね。

敏感肌ってどんな肌なのかが気になったので調べてみました。

敏感肌とは、メイク後や洗顔後に
顔が赤くなったり、ヒリヒリしたように感じたている状態ということですね。

調べてみても特に決まった定義はないですよ。

敏感肌の原因は?

敏感肌の原因について調べてみると、
原因として考えられているのは、
バリア機能が低下しているからとういものが多いですね。

バリア機能とは、肌を保湿してくれる機能のことで
この機能が低下すると肌が乾燥しています。

あなたが敏感肌対策を考えているならば、
肌の乾燥についてしっかりと考える必要性がありますね。

こういった肌の乾燥の原因となることとしては、
間違ったスキンケアをしているということが考えられますね。

間違ったスキンケアとしては、
クレンジングや洗顔の方法が正しくなくて、
肌へとダメージを与えてしまっていることもあります。

また、生活環境の乱れ、ホルモンバランスの乱れも
敏感肌に関係しているので、
しっかりと栄養バランスを考えて食事を撮ったりすることも必要となっていますね。

もちろん体質的に合わないということもありますね。

あなたがアレルギーを持っているならば、
体質的にその化粧品が合わないということもあるでしょうね。

他にも敏感肌の原因はいろいろとあるでしょうが、
思うな原因をお伝えしておいたので、
スキンケアをするときのさん工にしてください。

正しいスキンケアってどんなの?

敏感肌の原因となるスキンケアですが、
正しい方法があるのかが気になりますよね。

正しいスキンケアについて調べてみたので、
参考にしてみてくださいね。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液などのスキンケアの方法について調べてみましたよ。

まずはクレンジングなどですが、
ゴシゴシと顔を洗い過ぎないようにするということが重要ですね。

顔をゴシゴシと洗ってしまうと、
肌にダメージがかかってしまいますね。

こういったダメージを防ぐためにも、
優しく短時間で洗うことを意識すると良いでしょうね。

次に洗顔なのですが、
洗顔料をつかう時はしっかりと泡立てて使って下さい。

洗顔ネットを使えばより細かい泡を作ることができたりもします。

100均でも購入できるので、
泡立てるのがうまくないという方は試してみてくださいね。

また、水温はぬるま湯程度にして、
すすぎ残しが内容にしてくださいね。

洗顔料は肌への負担を考えて、
スクラブの洗顔料は避けるようにして下さい。

化粧水をつかう時のポイントなのですが、
コットンを使わずに手のひらで全体になじませるのが重要ですね。

低刺激、無香料、無着色、アルコールフリーなものを使って
スキンケアをしてあげるのがいいでしょうね。

最後に乳液についてなのですが、
化粧水で肌に水分を与えてから
保湿するために使うのがいいでしょうね。

乾燥しやすい場所である目元や頬には、
入念に塗るのもいいでしょうね。

敏感肌についてのまとめ

敏感肌の多くは、
肌のバリア機能が弱っていることが原因です、

バリア機能が弱る原因はいろいろとありますが、
敏感肌になったと感じたならば、
生活環境を見直すのがいいでしょうね。

また、普段のスキンケアの方法も見なおしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする